最近の推進工法における推力低減技術の進歩は実に目覚ましいものがあります。しかし、いずれも新技術と銘打ったものは、多くのシステム制御を用いているため取り扱いが複雑化し、設備費及び滑材費用も高騰しています。当会では残存率の高いN・T滑材の開発と滑材注入管の組み合わせにより、管外周全体に滑材が充填され管周の摩擦抵抗力の減少をはかり滑材効果を高めます。このA.G.Aシステムは、任意の位置に装備した軸方検知装置でリアルタイムに推進中の滑材の残存状態と実際の管周の摩擦抵抗力を検測し、極めてシンブルな推力低減法でコストダウンを実現しました。
1. 適応工法:泥水加圧式・泥濃式・土圧式
2. 適応管経:φ350mm〜φ3,000mm
3. 適応土質:全 般
土質
周面抵抗 R値
粘性土
0.10 t/m2
砂質土
0.15 t/m2
砂礫土
0.20 t/m2
固結土
0.30 t/m2
 
 
  品名:推進工法用埋込カラー型Wジョイント滑材注入管 規格:JWJPAS J-6
   

呼び名
内径
厚さ
有効長
滑材排出部(
参考質量
(kg)
θ1
θ2
θ3
800
800
80
2,430
20
80
90
1,330
900
900
90
1,680
1,000
1,000
100
2,070
1,100
1,100
105
15
82.5
2,380
1,200
1,200
115
2,850
1,350
1,350
125
3,470
1,500
1,500
140
4,320
1,650
1,650
150
10
85
5,080
1,800
1,800
160
5,910
2,000
2,000
175
7,150
2,200
2,200
190
8,540
2,400
2,400
205
10,090
2,600
2,600
220
11,710
2,800
2,800
235
13,420
3,000
3,000
250
15,340

注)
1.継手部の詳細寸法はJWJPAS J-2及びJ-2Nをご覧下さい。
2.滑材排出孔のθ1〜θ3については仕様の変更により予告なしで変更があります。
3.小口径管についてはご相談下さい。